Interview 3. クリエイトバランス 佐藤寿史子さん

使ってこそ価値のあるカラーボトル

110本以上に及ぶオーラソーマはその美しい色を楽しむものだと長く思っていた。
「実際は、使い切ってこそ価値があるんです。目で楽しんで、そして使ってみてください。一か月も使っていると自分が変わっていることを実感しますよ」
そう、佐藤さんから教わり、おそるおそるキャップを開いてみた。
瞬間広がる、知的といおうか、なんとも無垢な香りは一瞬にして瞑想のあとの静かな時間の中に誘ってくれているような気がした。

「このボトルの中には合成的なものは一切入っていません。すべて天然の植物と鉱物。植物はすべて厳格なオーガニックの基準にのっとったもの。採取するときも一番エネルギーが高まる時間帯に合わせるんですよ」
製造もイギリスの一か所に限られていて、しかも天体の動きに合わせて作り始めるという。その美しさは、一切の妥協を許さない厳格さが生み出したゆえの、神聖美なのかもしれない。
「自分が選んだボトルは、自分の足りないところを補ってくれる、言ってみれば、自分のこころのサプリメント。使っているうちに心の安定が取れて、ストレスがなくなって自然と体のバランスが取れてくるのです」

自然に、なりたい自分に

バランスが取れてくると、こころに曇りがなくなって、前向きに志向が動き始める。そしていろいろなことがあっても重く受け止めないで、軽やかに受け止められるようになっていくという。
クリエイトバランスのサロンには、
「結婚が決まりました!」
「思った会社に就職できました!」
と喜びの報告にやってくる人たちが多い。
そんな話を聞いていると、こちらもうれしくなって、なんだか、なりたい自分になれるんだなという気がしてくる。

「ボトルの前に、一度立ってみてください。静かに立っていると、どれかが自分を呼んでいるような気になります。わからなくても、ふっと気になるものがあるはず。それを左手でとってみて、それを、もったいないと思わずに、一本使い切ってみてください。変わっている自分を感じられると思います」

オーラソーマは不思議なパワーを秘めているなという気がしていたが、よくその背景を聞いていると、要は自分の中にある前向きな自分をふっと立ち昇らせて向かうべき方向はと後押ししてくれるもの?のような気がする。
とらえ方はそれぞれだろう。
ただ、世界各国に短い期間に一気に広まっている理由が少しだけわかったような気がした。