ログインステータス

CLOSE

たるしる歳時記 立春

二十四節気のひとつで陰暦では2月4日のころ。陰暦では一年の始まりと考えられていて、立春を基準に様々な決りが決められています。八十八夜、土用、二百十日、すべてこの日が基準になっています。
立春の日、曹洞宗のお寺では「立春大吉」と書いた札を入り口に張る風習があります。
この字は縦書きにすると左右対称で厄除けと招福のおまじないにもなるそうです。
そういえば、立春の朝一番、こころを整えて立春大吉と自分で書いた文字をお守り替わり持っているという人もいました。なんだか立春大吉というこの4文字、耳で聞いても、視覚的にも、何があっても大丈夫という気持ちになるから不思議です。