ログインステータス

CLOSE

たるしる歳時記 紫陽花

雨に似合う花と言えば、なんといっても紫陽花。
ぼってりとしたこの花自体をほんとに好きかどうか問われると、ちょっと微妙な感じもしますが、雨に濡れたしっとりした風情は確かに他の花には代えがたいあじわいがあるなあと思えてきます。
さて、この花の「あぢ」は「集まる」、「さい」は「藍色」を意味する言葉だそう。花といわれる部分は実際は咢の部分でそれが寄せ集まってあんなボリュームの造形を作り上げているのですね。
紫、水色、桃色、白色と花の色も姿も多彩で、開花してから徐々に色を変えていくため、「七変化」とも呼ばれます。今日の色は昨日の色とは違う。そんな微妙な移り変わりも眺めるのも梅雨時の小さな楽しみかも。

あじさゐやきのふの手紙はや古ぶ  橋本多佳子