ログインステータス

CLOSE

たるしる歳時記 八十八夜

夏も近づく八十八夜♪
八十八夜は立春から数えて88日目のことを指し、陽暦では5月2,3日頃にあたります。
たすき掛けの茶娘が手際よくお茶を摘んでいる姿はもはや幻の光景ですが、茶摘み歌を口づさんでいると心なしか青々とした茶畑の様子が目に浮かんでくるようです。
この時期のお茶は格別。
今年は不安感の募る中で新茶を味わう気持ちの余裕もないかもしれませんが、こんな時期だからこそ、さわやかな一服で気持ちを整えたいものです。

二夜三夜過ぎし八十八夜かな   草間時彦