ログインステータス

CLOSE

たるしる歳時記 ハクモクレン

紫木蓮は、白亜紀から存在していた、地上で最古の花木といわれているそうです。
中国原産、モクレン科の落葉低木で、漢名「木蓮」は、花が蓮に似ていることから名づけられたそう。
写真の白木蓮は、紫木蓮より一足早く咲いて春の訪れを知らせてくれます。
青空を背景にいっぱいに幹を広げる姿は清楚でありながら豪華な印象。
それでも風が吹くとあっという間に散ってしまうのがこの花をよりあざやかに印象付けます。
2月が終わるとそろそろ寒さも緩んできます。
そろそろ春本番。このままコロナも終息に向かうことを願うばかり。
春色に染まった街を元気いっぱいに歩きたいものです。

木蓮のため無傷なる空となる    細見綾子

【参照】365日で味わう美しい日本の季語 誠文堂新光社